里親物語ー保護猫達とのココロ安らぎの日々

地域猫の保護や猫の里親さん探し運動をしています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しい知らせ

一人暮らしのOLさんに里子に出した、ユメの子供が亡くなった、と
メールが届きました。

DSC01468.jpg

亡くなったのは、生後7ヶ月。
一度、成長したどくちゃんが、元気に遊ぶ動画を送ってもらいましたが。

早く欲しいとせがまれて、生後1ヶ月半で、手渡しに行きました。
これが失敗です。

OLさんは猫を飼うのが初めてで、長時間留守にしています。
まだ小さすぎる子猫には、一人ぼっちは厳しい環境だったのでしょう。
死因は肝機能不全、気がつくのが遅れたと、OLさんは謝られてます。

これを反省材料に、動物保護協会の規約に基づいて、
生後2ヶ月以上でないと、お譲りしないことにしました。

2ヶ月以上立たないと、体が安定しないのと、
急激な環境の変化に弱いのです。

この間に亡くなる子は多いので、それはその子の寿命と納得しますが、
無理に環境を変えて、亡くなるのは猫も人も可哀想です。

子猫は寂しさにとても弱いと、OLさんに伝えると、
「そうだったのですね、あんな可愛い子はいないと思う、悔しいです
 しつけを厳しくしたのも悪かったです」
と返事を頂きました。

猫は自立しているから、しつけはあまり必要ないです。
愛情たっぷりで、甘やかし気味の方が、優しい性格になると思います。
もう少しフォローするべきでした。

_MG_1830_convert_20091129222119.jpg

OLさんは、また猫を飼いたいということです。
今度はどちらも幸せになるよう、祈っています。

_MG_3011_convert_20091129231415.jpg

兄弟のミニーくんも、たぶん祈ってます。
関連記事

*Comment

NoTitle

ゴン太0135さん

そうですよね・・・
私も色々と気づかない点や、伝えられなかった事が多くて、深く反省しています。
ありがとう。


那由他さん

老猫のお世話、大変でしたね。
私はまだ経験ないので、これからだと覚悟してます。

以前、猫の雑誌でアルフィーの坂崎さんの記事を読みました。
彼は若い時、ノラの子猫を保護したけど、その頃ツアーが多くて、1匹で何週間も留守番させていたら、猫は精神的におかしくなったそうです。
それを非常に後悔されていて、その後、猫の保護運動をずっと続けておられます。

もし、最初は軽い気持ちで、動物の命を引き受けたとしても、色々なつまづきがあり、それで気づき、真剣に接していく、ということは多いのではないでしょうか。
私もその一人だと思っています。


yoshiさん

私は子供の頃、保護した子猫を、嫌がる家族に再び捨てられたことがあり、
その子は死んでしまいました。
その時はただショックで、早く大人になりたい、と思いましたね~

ふと、海ちゃんの兄弟のユメやジャズも、1匹の方が幸せなんじゃ、と思うことがあります。
様々な理由で・・・
でも結局、人間と一緒で、「生まれ付いての運」なんですよね・・・

それにしても、猫はすぐ忘れます。今の家族が一番だと思う。



  • posted by nyanmama
  • URL
  • 2009.12/02 00:07分
  • [Edit]

NoTitle

私も昔家族で子猫(元野良)を飼って3ヶ月で虹の橋をわたってしまった子がいます。
当時は今ほど動物病院へ連れて行くという意識が無かった時代なので、未だにどうして亡くなったのかわかりません。
でもその3ヶ月は本当に楽しかった。
ものすごく悲しかったけど、早く生まれ変わったあの子に会いたい、早く猫と一緒に暮らしたいと思ったものです。

私もnyanmamaさんに愛猫を譲っていただいて、当初は主人も私も仕事をしていたものですから、昼間はひとりぼっちでした。
環境に慣れるまで部屋の隅っこにとじこもってナカナカ出てきてくれなかったけど、慣れると帰宅を出迎えてくれてうれしかったです。
(ご飯の催促なんでしょうけども…)

時々、以前は沢山の猫達と一緒ににぎやかに暮らしてたのに、留守番のとき一人で寂しくないだろうか?と悩んだ時期もありました。
兄弟3匹一緒に譲ってもらえばよかったと後悔した時期もありました。
でもすりすりとよってきてくれて、ごろごろとのどをならし、ぴとっとくっついてくれる姿を見るととても癒されます。
ずっと一緒にいるんだよー、そのうちにぎやかになるかもしれないけど、と言いながら、いつか神様がそうなる時期にめぐり合わせてくださると思っています。

なんか長々とすいません。
  • posted by yoshi
  • URL
  • 2009.12/01 20:07分
  • [Edit]

NoTitle

こんばんは。
突然のコメントに対し、率直なレスをありがとうございます。
私は今から17年7ヶ月前にノラの仔を家族に迎えました。
その仔は昨年8月。16年3ヶ月という月日を私に残して虹の向こう行ってしまいました。
最後の4ヶ月はほぼ毎日のように通院し、点滴を受けるという壮絶なものでした。
生半可な気持ちで命は受け止める事はできません。
確かに、ノラの生きる環境は大変なものがあります。
日々食いつなぐだけが精いっぱい…ということも理解しております。
しかしながら、1ヶ月半~3ヶ月程度に里親にもらわれて、飼われる仔は、ノラのそれとは大きくかけ離れると思います。
私が独り暮らしの方を選ばない大きな理由は、その方が病気等で自分の世話すらままならなくなった時の事を考えて…です。確かに仔ニャンは可愛く、癒される存在かもしれません。が、しかし、彼らは人の想像をはるかに超えるスピードで歳を取り、そして、必ずしも元気なまま、幸せな状況のまま逝くとは限らないのです。
独り暮らしの方だけとは申しません。。
里親として名乗りをあげた方々は、その最後の一瞬までその仔たちを真っ直ぐに受け止める事ができるのでしょうか?
人としての楽しみを犠牲にしても、ネコを選びとることがはたしてできるのでしょうか?
  • posted by 那由他
  • URL
  • 2009.12/01 00:27分
  • [Edit]

NoTitle

こんばんわ。

悲しい思いをされましたね。

OLさんも、決していい加減に扱っていた訳ではないと思います。
ただ、こにゃんに対する知識が少なく、発見が遅れたのでしょう。

どうぞ、お気を落とさないでくださいね。
  • posted by ゴン太0135
  • URL
  • 2009.11/30 23:32分
  • [Edit]

Re: NoTitle

cocotan さん

動けない足で、付いてきてくれるなんて、なんて可愛いんでしょう~
お世話は大変でしょうけど、けなげな子ですね。

OLさんは深く反省してくれ、ノラの子も保護してくれそうです。
ノラが1匹でもお家が見つかると嬉しいので、悲しみも少しやわらいでいます。
ご心配をありがとう。
悲しい出来事も、新しい希望につながると、元気が出てきました。
かと言って、どくちゃんは犠牲になったとは思ってません。
OLさんはどくが来て癒されます・・と言ってくれてたから。

  • posted by nyanmama
  • URL
  • 2009.11/30 23:22分
  • [Edit]

Re: NoTitle

那由他 さんへ

私も聞いた時はショックで、また子猫を譲って欲しい、と言われるOLさんに疑問も感じました。
ただ、OLさんは優しい方ですし、お家の中も拝見し、問題はありませんでした。
一緒に寝てくれてたようですし・・・
今回、やり取りして、わかってないことが多かったと反省されてますし、
ノラの子猫を、とも考えてくれてます。
ノラ猫は厳しい環境のせいで、1年未満の寿命がほとんどです。
1匹でも、また数日であっても、暖かい家で過せたら、と願っています。
また近く、OLさんには、うちに見学に来て貰うことになっています。
私の分かる範囲の、猫と暮らす知恵を伝授したいと思っています。
  • posted by nyanmama
  • URL
  • 2009.11/30 22:46分
  • [Edit]

NoTitle

体調の方は大丈夫ですか?

我が家の猫ちゃんも私が行く所行く所、病気のせいで
動けない足を一生懸命引きずりながらもついてきます。
猫は気ままな性格ですが、甘えるときはとことん。

。。。。。悲しいなぁ。。。半年は短いよ。
どくちゃん。
ミニーに会いに行ってるよね。
他にも沢山のお友達がいるおうちに。
もう、寂しくないよね。。。。
  • posted by cocotan
  • URL
  • 2009.11/30 15:32分
  • [Edit]

NoTitle

失礼とは思いつつコメントいたします。
里親に出す時、独り暮らしの方に出すことが本当に妥当なこととお思いなのでしょうか?
しかも初めて猫を飼うというのに…
『寂しいから死ぬ』のではなく、適切な飼い方ができておらず、ストレスや栄養不足等々から病気になるのではないでしょうか?
もし、私が大事な仔ニャンを里親に出すとき、独り暮らしの方を選んだりはいたしません。。
仔ニャンにしつけは大切だと思いますが、まずはじっくりと向き合う時間の取れる方でないと、トイレも食事も遊び方も、していい事、悪い事も思うようにおぼえてはくれません。
(ネコは賢い動物ですから、本当はそんなこと必要ないとは思いますが…)
それでも、あなたはまたこのOLさんに仔ニャンを渡すつもりなのですか??
  • posted by 那由他
  • URL
  • 2009.11/30 00:21分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  • from
  • at 2012.05.09 08:51

右サイドメニュー

はてなブックマーク

スポンサードリンク

検索フォーム

最新記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

左サイドメニュー

プロフィール

nyanmama

Author:nyanmama
神戸市内でノラや捨て猫の保護活動をしているグループのメンバーです。主に地域猫の世話や、産まれた子猫の里親探しをしています。このサイトの広告収入は保護猫の食費等に充てられます。ペットフード等の寄付も受け付けています!どうぞよろしく!

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

クリックしてね!

楽天・ベルメゾン

里親募集サイト

愛猫におススメ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。