里親物語ー保護猫達とのココロ安らぎの日々

地域猫の保護や猫の里親さん探し運動をしています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子猫達のその後

里親さん探し、がんばってます!
子猫のこと、気に留めてくださっていた皆さん、すみません!
これから、ぼちぼち、ご報告致します。
さて、1月に我が家のユメが生んだ子猫の、その後です。


DSC01468.jpg

トラキジちゃんは、早々と3月始めに、一人暮らしのOLさんに貰われました。
命名「ドク」ちゃん。

「とても癒されてます・・」と便りが届きました。
とても賢く、トイレは最初から失敗なくするのに、
一緒に居る時、飼い主さんが用事をしていたら、わざと彼女のベッドにするのだとか・・・

飼い主さんの仕事中は、ひとりで留守番してるから、
少しでもかまって欲しいのでしょう。

DSC01718.jpg
DSC01724.jpg

3月末、2匹を里親さんに届けに行く前の晩。
3匹でタンスの上で、別れを惜しんでいるようです。

DSC01731.jpg

クロちゃんは、若いご夫婦のお家に貰われました。
命名「メイ」ちゃん。

このお家には、同じく保護された、3歳のキジ猫の女の子が居ます。
なかなか出てこなくて、むりやりご対面させると、どちらもフーフー!!

優しい飼い主さんは、しばらく2匹の対立にオロオロされていましたが、
何通目からのメールで、
「もう、二人で勝手にして・・・」と、おおらかに構えることにしたそうです。

そうそう、猫は人間と同じ、気分が優先しますから、
しかし生きていく為には、どうしたらいいか、考える能力が優れてるますから、
ほっとく、のもいいかと思います。

DSC01739.jpg

白黒ちゃんは、これから結婚されるお家に貰われました。
同居されてるご主人のお兄さんも猫好きで、病気で亡くした愛猫の位牌も見せて貰い、
猫への熱い思いが伝わりました。

14歳の真っ白な先住猫ちゃんも居て、白黒ちゃんに近寄ってきましたが、
やはり、最初は怒られて、フーフー!

猫好きのご主人とお兄さんに、おもちゃで遊んで貰い、馴染んでいたのを、
ほほえましく見せて貰い、帰途に着きました。


関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

はてなブックマーク

スポンサードリンク

検索フォーム

最新記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

左サイドメニュー

プロフィール

nyanmama

Author:nyanmama
神戸市内でノラや捨て猫の保護活動をしているグループのメンバーです。主に地域猫の世話や、産まれた子猫の里親探しをしています。このサイトの広告収入は保護猫の食費等に充てられます。ペットフード等の寄付も受け付けています!どうぞよろしく!

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

クリックしてね!

楽天・ベルメゾン

里親募集サイト

愛猫におススメ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。